新着情報ページ

法廷技術ワークショップを行いました。2014年03月24日

 先日,3連休の2日間(3月22日,23日)にわたり,佐賀県弁護士会館において法廷技術ワークショップを行いました。
 法廷技術ワークショップとは,刑事事件において弁護人に必要な活動の講義や模擬尋問の実演を通して,弁護人としての技術を向上させる内容の体験型講座です。
 私は,受講生として参加しました。模擬の尋問など実演をする際には,自分の尋問の様子をビデオで撮り,模擬尋問終了後に自分で自分の姿を確認しました。
 普段,見ることの出来ない自分の姿をあらためてビデオで見ると,うまく尋問が出来ないときの話し方や立ち方の癖を発見し,恥ずかしいと感じつつも,直していくべきことを確認できました。
 今回の法廷技術ワークショップは,内容が充実していたのはもちろんのこと,民事事件にも応用して使える点も多かったので,今後の業務に反映させて行きたいと思います。(大坪)

全国付添人経験交流集会に参加しました。2014年03月12日

3月9日,10日の2日間,茨城県水戸市において,第24回全国付添人経験交流集会が開催されました。
当事務所は,弁護士両名が参加し,付添人に関する見聞を広めてきました。
そもそも,付添人とは,少年事件において,事件が家庭裁判所に送致された後の弁護人的立場の者を指します。
ただし,大人の刑事事件のような弁護人とは異なり,付添人は,弁護人的立場と審判の協力者としての立場の両方を有しています。
この両方の立場を有する付添人が,本当に少年の味方と言えるのかとも思われるかもしれませんが,今後の少年の更生や健全な成長を目指して活動する点では,同じ立場なのです。
このような付添人活動について,はるばる水戸市にまで足を伸ばして学んだことを活かし,より良い付添人活動を目指していきたいと思っています。
(大坪)
copylight