新着情報ページ

弁護士ドットコムニュースへの取材協力2020年11月30日

インターネットオークションやフリマサイトでの「ノークレーム・ノーリターン」や「現状販売」について,法的な扱いがどうなるのかを弁護士ドットコムニュースの取材で説明しました。

【ネットオークションで「動かないバイク」届く…「ノークレーム・ノーリターン」でも返品は可能?】
本年4月1日より施行された改正民法(債権法)により取扱が変わった部分となります。
トラブルがあった場合には対応が難しい分野ではありますが,一つの参考になれば幸いです。
copylight