新着情報ページ

シンポジウム「えん罪を考える-飯塚事件を題材に-」のご案内2019年07月10日

シンポジウム「えん罪を考える-飯塚事件を題材に-」のご案内の写真
佐賀県弁護士会では,7月27日(土)午後2時より,佐賀県弁護士会間において日弁連人権擁護大会のプレシンポジウム「えん罪を考える-飯塚事件を題材に-」を行います。

飯塚事件とは,1992年に福岡県飯塚市で小学生の女児2名が行方不明になり,その後遺体で発見された事件です。
この件では元被告人に対し死刑判決がなされ,2008年に死刑が執行されていますが,元被告人は公判段階から一貫して無罪を主張しており,現在親族によって再審請求がなされています。

シンポジウムでは,飯塚事件の弁護団である徳田靖之弁護士,またDNA鑑定がご専門の本田克也筑波大学教授のご講演等を予定しています。

両講師のご講演を通じて,なぜえん罪が起こるのか,現在の刑事司法制度はえん罪防止のために十分と言えるのか,などを取り扱う予定です。

事前予約不要・参加無料です。多くの皆様のご参加をお待ちしています。
copylight