新着情報ページ

相続・遺言執行者に関する弁護士費用の改定2020年01月20日

1月21日より,弊事務所で受任する「相続・遺産分割事件」及び「遺言執行者の就任」に関する弁護士報酬を改定いたします。

これまでは,遺産分割事件については通常の金銭請求事件と同様の基準により弁護士費用を算定していましたが,委任者の受任の段階での着手金の負担を軽減し,併せて手続きの期間や難易度,紛争の内容に応じた報酬額を定める観点から,遺産分割事件に関する着手金及び報酬を以下のように改定いたします。

【着手金】
・改定前 対象となる遺産の相続分の2~8%
・改訂後 調停・訴訟によらない協議 15万円(消費税別)
     遺産分割調停・訴訟 30万円(消費税別


*遺産分割調停の場合,調停手続きが5回目以降となった場合,1回につき3万円(税別)の日当が別途発生(事件終了時のご精算となります)いたします。

【成功報酬】
・改定前 得られた経済的利益の4~16%
・改訂後 得られた経済的利益の5~10%
(得られた経済的利益の多寡ではなく,手続きに要した期間,事件の難易度によって報酬の割合を算定します。詳しくは委任時にお尋ねください)


また,これまではご依頼時の協議により定めていた遺言執行者報酬についても,基準額として
・遺産総額の2~3%(消費税別)
とさせて頂くことにいたしました。


皆様のご理解の程,よろしくお願いいたします。
copylight