新着情報ページ

不当要求防止責任者講習の講師を務めてきました2014年08月06日

去る8月4日に実施された「不当要求防止責任者講習」の講師を務めてきました。

不当要求防止責任者講習とは,暴力団対策法に基づき,佐賀県暴力追放運動推進センターが実施している講習で,近時の暴力団情勢や,暴力団等からの不当要求への対応要領,被害防止ノウハウの講習です。
私も弁護士登録以来,民暴委員会(正式には民事介入暴力対策特別委員会)に所属し,暴力団追放運動のお手伝いをしており,今回も委員会からの派遣ということで,専門家講師として講演をさせて頂きました。

暴力団排除の大原則は「恐れない」「利用しない」「金を出さない」と言われています。
このうち暴力団を「利用しない」「金を出さない」というのは,暴力団を利用しても結局は「暴力団に利用される(カモにされる)だけ」であるということを,多少のフィクションを交えながらご説明しています。
また,突然押しかけてくる暴力団であっても,その手口を理解し,常日頃からの危機管理意識を持っていれば,毅然と対応できます。その意味で暴力団を「恐れない」ことの重要性もお話しできたかな,と思っています。

何より大事なのは,常日頃から組織のトップから現場に至るまで,暴力団排除の意識と危機管理意識を持ち続けること,そして実際に何かあった場合にはすぐに専門家に相談すること,ではないでしょうか。
1時間の講義でしたが,少しでも受講者の方に伝わっていればいいな,と思う次第です。

(半田)
copylight